MENU

100均の材料でペイントベースを作る

やっとプラモはじめました。MG Wガンダム(EW)を塗ってます。

ブログ作る前に仮組だけしてたんで、塗装が終わるまでは特に書く事ないです(笑)が、自作の塗装ブースを自画自賛しながらの塗装は楽しいです。

今回の自作ペイントベースは安い!すぐできる!使いやすい!と3拍子揃ってるのでオススメです。

ペイントベースを買うのがアホらしい

以前プラモで塗装してたときはいちいち買ってたんですが、あのダンボールの切れ端みたいなの、500円くらいするんですよね。

当然1個じゃ足りないからいくつか買うと、それだけで結構な金額になります。しかも、ダンボールの波型の大きさによってはクリップが刺さらないんですよ。

100均の材料でいい感じのベースを作ろう!

というわけで、みんな大好き100均のグッズで自作します。これ!

100均のペン立てに、100均の発泡ビーズを詰め、100均の発泡スチロールの板でフタをするだけ!

発泡ビーズの詰め具合を少しずつ調整して良い感じにします(雑)ビーズは約6.5mm の小さなものです。売ってるペイントクリップの棒でも竹串でもザクっと刺さります。このペン立て、かなり良いサイズの穴が空いてるので気にせずザクザク刺せます。ダンボールの目の細かいのだと、すぐ刺さらなかったりするんですよねー。

一袋(約60g)で5個は作れます。

斜めにも刺さるので、見た目よりもたくさん刺せます。いざとなったら側面にも刺せます(やらないけど)

下の画像だとマスキングテープで留めてますが、特に固定しなくてもほんの少し大き目に切った12mm厚のスチロール板なら、ギュッと詰めこんでおけば外れた事はないです。万が一の事故が起こったら、考えるだけでもダルいのでテープで留めてます。

まだ大丈夫だけど、使い続けると中のビーズがヘタってきそうなので、そうなったら足したり入れ替えたりできるように、仮止め程度にしておくのが良いと思います。

ビーズが詰まってるだけですが、不思議とクルンと回転してしまったり、倒れてきたりってことはないですよ。クリップが回転してしまう、という意味でいってもダンボールのものよりずっと安定感あります。

底面は特に何もしなくても大丈夫ですが、不安ならテープや発泡スチロールの板を張って穴を塞いでおくと良いでしょう。

敢えて欠点を挙げるとするなら、使ってないときに少々かさばる、やった事ないけど乾燥ブースに入れるのは多分ダメな気がする、という事くらいでしょうか。

ブログカテゴリ

TOPICS

スポンサードリンク

PICKUP